カテゴリ:風景( 70 )

天狗の道

c0067438_198176.jpg

昼なお暗き鞍馬の僧正が谷。
そこに広がっている木の根道です。
ここで牛若丸(義経)が天狗と出会ったり、武術の修行をしたのだそうです。

地面のすぐ下まで地盤の岩がきているため、根が地中に潜ることができません。
これが木の根道ができた理由だそうです。
ちょっと、芸術的な感じの模様にも見えますよね。

この木の根を道として利用するなんて、人間には考えつかないことかも・・・。
さすがは、天狗様ですね(笑)。


☆08/16/2005 京都・鞍馬☆
[PR]
by ochaduke-emma | 2005-08-17 19:18 | 風景

涼感タップリ!!

c0067438_203436100.jpg

もう一度・・・残暑お見舞い申し上げます。
まだ涼しく感じないようでしたら・・・
c0067438_21282639.jpg

京都・洛北の川床で有名な貴船川の風景です。
皆さんも考えることは同じで、涼しさを求める人で混雑してました。


☆08/16/2005 京都・貴船☆
[PR]
by ochaduke-emma | 2005-08-16 20:37 | 風景

五里霧中

c0067438_20304131.jpg

今朝早くから、伊吹山(標高1377m)に行って来ました。
登山道を歩いて登るほど足腰に自信がなかったので、9合目の駐車場(1260m)までバスで行きました。
天候が悪いことを心配していたのですが、見事に的中してしまいました(涙)。
ご覧のとおり、本当に“五里霧中”状態です。
たぶん、視界は10mほどしかなかったでしょうね。
それに加えて、時折、台風並みの風雨にも見舞われました。


頂上まで歩いているときに、目がテン!になったことがありました。
多くの人は足元を固めて、服装も肌を出さない格好で頂上を目指されていました。
そんな中、ミュールやタンクトップで歩いている人もいたのです。
車で9合目まで行けるとはいっても、やはり山です。
自然を侮ってはいけませんよね。


※よい子の皆さんへ・・・五里霧中のほんとうの意味は、以下のとおりです。
『物事の判断がつかなくて、どうしていいか迷うこと。』
決して、この記事の意味ではありません。


☆08/15/2005 滋賀・伊吹山☆
[PR]
by ochaduke-emma | 2005-08-15 20:45 | 風景

残暑お見舞い申し上げます

c0067438_2141353.jpg

今日も、また灼熱地獄の一日でしたね。
高知県の四万十市では、39.7℃という今夏最高の気温を記録しました。
このうだるような暑さは、まだしばらく続くのでしょうか?

この写真で、少しでも涼しさを感じていただければ幸いです。


☆08/07/2005 奈良県・室生村☆
[PR]
by ochaduke-emma | 2005-08-10 20:17 | 風景

大きな空に梯子をかけて・・・♪

c0067438_20492284.jpg

大きな空に 梯子をかけて  真っ赤な太陽 両手でつかもう
誇りひとつを 胸に掲げて  恐れ知らない これが若さだ
そうとも これが青春だ


作詞:岩谷 時子    作曲:いずみ・たく    歌:布施明


1966年から放映されたTVドラマ「これが青春だ」の主題歌です。
青空を見上げていて、何となく口ずさんでしまいました。

しかし、当時4歳だった私が、なぜこの歌を知ってるのでしょうね(笑)。


※この歌の歌詞の続きとメロディーは、こちらのサイトでどうぞ!


☆08/01/2005 大阪府・富田林市☆
[PR]
by ochaduke-emma | 2005-08-03 21:00 | 風景

この橋、渡るべからず・・・

c0067438_2057523.jpg

一休さんのように、真ん中を渡ってはいけませんよ(笑)。
渡ると夫婦や恋人同士が、別れてしまうと言われています。
鬼が出たという伝説のある有名な一条戻り橋です。
また、陰陽師・安部晴明が、橋のたもとに式神を潜ませていたとも伝えられています。

晴れた日に撮ったのに、何となく薄気味悪く見えますね。
なお、この橋の北には晴明神社があります。


※一条戻り橋の伝説については、こちらのサイトをご覧ください。


☆07/24/2005 京都市・上京区☆
[PR]
by ochaduke-emma | 2005-07-29 21:04 | 風景

祝!梅雨明け

c0067438_16292838.jpg

本日、気象庁から、「中国地方から関東甲信越地方までが梅雨明けしたとみられる」と発表がありました。
本格的な夏の到来ですが、また猛暑になるのでしょうか?
梅雨明けとともに、私の体調も上向きとなることでしょう。

本日、天保山海上花火大会に行く予定でしたが、大事をとって休養することにしました。
花火の写真を練習したかったのですが、まだ体がおかしいので仕方ありません(涙)。

風邪の症状は、ほぼなくなりましたが、歯痛の方が・・・。
今治水を塗って、明日の歯医者まで耐えなければなりません。


今日の写真は、一昨年の6月に撮りました。
場所は、京都・龍安寺の鏡容池です。
[PR]
by ochaduke-emma | 2005-07-18 16:23 | 風景

涼風来たれ!

c0067438_20313456.jpg

今日の大阪の最高気温は、34.5℃まで上がりました。
道理で暑かったわけですね。
会社に着く頃には汗だくになってしまって、仕事が終わったかのようなしんどさでした。

写真は、大河内山荘の庭です。
見てるだけで、少しでも涼しくなればいいのですが・・・。

明日の大阪の予想最高気温は、今日と同じく34℃です(涙)。
熱帯夜も続いてますので、皆様、健康には十分注意してください。
私も、溶けないようにがんばります!!
[PR]
by ochaduke-emma | 2005-07-15 20:39 | 風景

十三まいり&渡月橋

c0067438_1624721.jpg

大堰川の左岸から撮った風景です。
左の橋が渡月橋で、山の中腹に見える塔のあたりが法輪寺です。

法輪寺では、春に十三まいりが行なわれます。(一年中、祈祷は受け付けています。)
十三まいりは、3月13日から5月13日までの間、渡月橋を渡って法輪寺にきものを着てお詣りし、智恵と丈夫な身体を授かりに行くというものです。
その際に、自分の好きな一字を書いて虚空蔵菩薩に祈願します。
この十三まいりは、近畿全般で行なわれています。

十三まいりを終えた後、渡月橋を渡りきるまでは絶対に振り返ってはいけないのです。
それは、せっかくいただいた智恵を、返してしまう事になるからだそうです。
今でも、この言い伝えは守られています。

渡月橋にまつわる言い伝えをもう一つ。
デートの時に渡月橋を渡りきるまでに振り返ると別れてしまうということも、聞いたことがあります。
でも、これは何の根拠もないそうですよ(笑)。


えっ、私の十三まいりの時の感想ですか?
実は・・・えんまは十三まいりをしておりません。
だから、いまだに智恵がついていないのかも・・・(笑)。


※xoanonさんの法輪寺にトラックバックさせていただきました。
[PR]
by ochaduke-emma | 2005-07-11 16:30 | 風景

嵐山

c0067438_2026634.jpg

実家に帰る途中、嵐山に立ち寄りました。
梅雨の最中だし、空いてるかと思っていたのですが、トンでもございませんでした。
やはり、京都を代表する観光地だけあって、渡月橋のあたりは人また人でした。

この写真は、渡月橋より上流の大堰川を見たところです。
中央左手の山が、嵐山です。
(渡月橋を境に上流が大堰川、下流が桂川になります。)


実家へ行ったのは、除草剤散布のためです。
帰ってみると、物凄かったです。
ほんの3週間ほど前に散布したのに、庭中茫々でしたね(涙)。
雑草の逞しさに感心しながら、ラウンド○ップを散布してきました。
雨降るなよ~!
(ちなみに、大阪は夕方から雨です。)
[PR]
by ochaduke-emma | 2005-07-10 20:31 | 風景