十三まいり&渡月橋

c0067438_1624721.jpg

大堰川の左岸から撮った風景です。
左の橋が渡月橋で、山の中腹に見える塔のあたりが法輪寺です。

法輪寺では、春に十三まいりが行なわれます。(一年中、祈祷は受け付けています。)
十三まいりは、3月13日から5月13日までの間、渡月橋を渡って法輪寺にきものを着てお詣りし、智恵と丈夫な身体を授かりに行くというものです。
その際に、自分の好きな一字を書いて虚空蔵菩薩に祈願します。
この十三まいりは、近畿全般で行なわれています。

十三まいりを終えた後、渡月橋を渡りきるまでは絶対に振り返ってはいけないのです。
それは、せっかくいただいた智恵を、返してしまう事になるからだそうです。
今でも、この言い伝えは守られています。

渡月橋にまつわる言い伝えをもう一つ。
デートの時に渡月橋を渡りきるまでに振り返ると別れてしまうということも、聞いたことがあります。
でも、これは何の根拠もないそうですよ(笑)。


えっ、私の十三まいりの時の感想ですか?
実は・・・えんまは十三まいりをしておりません。
だから、いまだに智恵がついていないのかも・・・(笑)。


※xoanonさんの法輪寺にトラックバックさせていただきました。
[PR]
by ochaduke-emma | 2005-07-11 16:30 | 風景
<< さようなら、破壊王・・・ 嵐山 >>